増毛町の歴史
増毛が最初に歴史に登場するのは宝永3年(1706年)松前藩
藩士・下国家
がマシケ領を知行したときです。
その後、宝暦元年(1751年)に松前の商人、村山伝兵衛(能登
国出身)が函館奉行所より増毛場所を請負、増毛に出張番屋
を設け交易を始めてから増毛の地に和人が定着を始めました。
増毛陣屋絵図
増毛陣屋絵図

増毛町の町名の由来は、鰊(ニシン)が群来(くき)ると海一面にかもめが飛ぶことから、
アイヌ語で「かもめの多いところ」という意味の「マシュキニ」又は「マシュケ」
が転じたもので
あるといわれています。
かもめ
かもめ
マーシーくん
増毛町マスコットキャラクター
マーシーくん
かもめ
かもめ
(平成10年町勢要覧)

増毛は宝暦増毛場所の時代から豊富な水産資源に恵まれ、中でも鰊漁は増毛に多くの
富をもたらし、その経済的発展の遺産といえる歴史的資源が今に伝えられています。
鰊水揚げ
鰊水揚げ(昭和30年)
増毛駅前通り
増毛駅前通り(大正年間)
商店
商店(明治末年)
旅館
旅館(大正10年ごろ)

幕末期には、ロシアに対する西蝦夷地警衛に当たるため、
津軽藩の越冬元陣屋
秋田藩の元陣屋が増毛に置かれ
北方警衛の要衝となった歴史を持っています。
秋田藩第二台場(陣屋展望台)
秋田藩第二台場(陣屋展望台)

増毛の歴史と文化の象徴として、平成7年に総合交流促進施設「元陣屋」がその跡地に
再構築されています。
元陣屋
総合交流促進施設「元陣屋」
元陣屋内部
「元陣屋」内部(史料展示室)
元陣屋内部
「元陣屋」内部(史料展示室)

明治期には、交通の要衝として港湾、鉄道の整備が早期に進められ、特に鰊漁で栄えた
最盛期には貨物輸送の拠点としてにぎわい、その栄華は増毛駅前周辺の旅館、店舗、
造り酒屋、住宅など明治から昭和初期の建築物に今もみられ、当時の繁栄が伺えます。
増毛駅構内
増毛駅構内(昭和30年)
留萌本線
留萌本線(昭和49年)
旧商家丸一本間家
国指定重要文化財 旧商家丸一本間家(平成15年12月25日指定)
旅館増毛館
旅館増毛館
増毛厳島神社
増毛厳島神社
増毛小学校増毛小学校
旧増毛小学校

当時の面影を残すたたずまいは、高倉健さん主演の映画「駅 STATION(ステーション)」
舞台となりました。
JR増毛駅
JR増毛駅
富田屋旅館
富田屋旅館
新雄冬丸
増毛・雄冬間定期航路
新雄冬丸(平成4年閉航)
造り酒屋
造り酒屋
(国稀酒造)

関連ページ
総合交流促進施設元陣屋のページ
旧商家丸一本間家のページ
増毛町の北海道遺産のページ
釣り船
トップページ