渓流の森
 渓流の森は、平成6年に道有林管理センターが暑寒別岳暑寒ルートの登山口周辺に整備し
広さは10ヘクタールあります。
 サクラ、ツツジ、アジサイなど33種、8,340本が植栽されています。
 この森は、暑寒別岳を望むことができる「望岳の森」、水辺に親しむことができる「せせらぎの
森」、野鳥の多い「さえずりの森」、渓流沿いで野の花が多く観察できる「清流の森」の4つのゾ
ーンに分かれています。この4つのゾーンは、チップ材などで敷き詰められた遊歩道や木道で
結ばれており、その総延長は1,860メートルになります。
 5月末から6月初めにかけて春の野の花が一斉に咲き乱れます。
 暑寒別川の支流、ポンショカンベツ川渓流を楽しみ、野鳥の声につつまれ、野の花を観察す
るには絶好のポイント。お弁当を持って出かけてはいかがでしょうか。
渓流の森から望む暑寒別岳 ポンショカンベツ川
渓流の森から望む暑寒別岳 ポンショカンベツ川
渓流の森の花たち
エゾオオサクラソウ ミズバショウ
エゾオオサクラソウ ミズバショウ
エゾノリュウキンカ エゾアジサイ ニリンソウ
エゾノリュウキンカ エゾアジサイ ニリンソウ
ヒトリシズカ オオバナノエンレイソウ
ヒトリシズカ オオバナノエンレイソウ
暑寒別岳のページはこちら
トップページ 観光情報 観光エリアマップ