新型コロナウイルス感染症対策 新北海道スタイル集中対策期間継続中!

★お知らせ NEW

● 新型コロナウイルス感染症対策は「新北海道スタイル集中対策期間」は継続中です。
 9
月19日~11月末 
    イベント開催(大声での歓声・声援あり)→収容率50%以内
          (大声での歓声・声援なし)→収容率100%以内
      *ただし、
①収容人数1万人超~収容率50%以内 ➁収容人数1万人以下~5000人

    新北海道スタイルの実践徹底、業種別ガイドラインの徹底をお願いします!
 全国的な感染の広がりを確認し、感染が拡大してい
地域への往来はなるべく避けましょう。往来の必要がある場合は、ガイドラインを遵守していない接待を伴う飲食店等の利用や、大人数での会食や飲み会は避けるようにしましょう。
特に、飲食店等における集団感染が多く発生しています。会食や飲み会では大声を控え、「新北海道スタイル」の実践を徹底しましょう。「北海道コロナ通知システム」や「接触確認アプリ(ココア)」を積極的に活用しましょう

●北海道よりお知らせ:イベント主催者及びイベントを開催する施設の管理者へのお願い
 
★全国的な移動を伴うイベント、又はイベント参加者が1000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合には、イベントの開催要件などについて、道庁に事前の相談をお願いします。→北海道新型コロナウイルス感染症対策本部 指揮室 総括・広報班 電話011-206-0143

福祉厚生課関係

  • 特定健診・胃がん・肺がん・大腸がん健診 4月1~5日 → 延期
    元阿分11月26日、津田屋・雄冬11月27日、保健センター11月14日(土)~17日(火)
     

 

★NEW 出典:北海道HPより

北海道ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)

北海道オープンデータを利用した新型コロナウイルス感染者情報のグラフ 北海道 新型コロナウイルスまとめサイト

出典:厚生労働省HPより

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/index.html 

                                    

★新型コロナウイルス感染症対策について

 増毛町においても2月26日新型コロナウイルス感染症の対策本部を設置し、感染症防止対策に取り組んでいます。

●新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(5月8日改訂)

  1. 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。
  2. 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
  3. 基礎疾患(持病)をお持ちの方で、症状に変化がある方は、まずかかりつけ医に電話でご相談ください。
  4. 少なくとも以下のいずれかの症状がある方は、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。(これらに当てはまらない場合の相談も可能です)

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のうち、1つで 
 も症状がある場合

重症化しやすい方(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾
 患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、  発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様にご相談下さい

上記以外の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合
 
症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので
 強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければ
 ならない方も同様です。) 詳細はこちらをご覧下さい→ 相談・受診の目安5月8日(出典:厚生労働省HP)

・複数の医療機関を受診することにより感染が拡大した例がありますので、お控え下さいますようお願いします。
・相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。手洗い・咳エチケットの徹底をお願いします。

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター(9月16日開設)

0800-222-0818(フリーコール)24時間相談窓口

 

・留萌保健所 42-8327(平日8:4517:30)

     

厚生労働省電話相談窓口 0120-565653(フリーダイヤル9:0021:00土日祝も実施)

聴覚に障がいのある方など、電話でのご相談が難しい方 FAX 03-3595-2756

 

●町民の皆様お一人お一人の感染症対策

 <リーフレット、資料>

 <出典>
 監修:賀来 満夫 氏(東北医科薬科大学医学部感染症学教室) 
 作成:東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区感染対策チーム
テレビでも紹介されていた「ハンドブック」です。大変分かりやすいですので、ぜひご活用下さい。保健センターにも冊子がありますので、欲しい方はご連絡下さい。

●ご家族に新型コロナウイルス感染症が疑われる場合

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント(出典:厚生労働省HP)

経済的対応の主な相談窓口(出典:北海道HPより)

★町の各施設にアルコール消毒液を設置しています。感染防止のため、施設来所時は必ず手指の消毒をお願いいたします。
 
診療所、役場、保健センター、明和園、文化センター、元陣屋、体育館、屋内グラウンド、創作の館、下水道処理センター、増毛葬苑等