食品備蓄方法

こちらは防災マシケです。

総務課からお知らせします。

せっかく備蓄しておいた食品が、いざというときに賞味期限切れになっていたら

食べられないばかりか、ゴミにしてしまうことになります。

そこで、災害に備えて、食品を回転させながら備蓄する「ローリンク゛ストック」について紹介します。

食品の備蓄の目安は、最低でも一人当たり3日分です。

それを月に一度、非常食1食分を食べては足していくようにします。

長期の賞味期限の食品を選ぶ必要がなく、食品の選択の幅も広がります。

飲料水の備蓄も同様で、定期的に料理などに使っていくことで循環させていきます。

以上、防災マシケからお知らせしました。