住まいが被害を受けたとき最初にすること

こちらは防災ましけです。

総務課からお知らせします。

もし、災害で住まいが被害を受けたときは、

片付けや修理の前に、家の被害状況を写真に撮って、保存しておきましょう。

町から罹災証明書を取得する際や、保険会社に損害保険を請求する際などに、大変、役に立ちます。

ポイントは、家の外と家の中の写真を撮ることです。

家の外の写真は、カメラ、スマホなどで、4方向から撮るようにしましょう。

また、家の中の写真は、被災した部屋ごとの全景写真と、被害箇所へ寄った拡大写真を撮るようにしましょう。

以上、防災マシケからお知らせしました。