土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

増毛町では、土砂災害防止法に基づき、北海道が指定した土砂災害警戒区域等をもとに、土砂災害ハザードマップを作成しています。

土砂災害防止法とは・・・

土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれがある区域を明らかにし、警戒避難体制の整備、住宅等の新規立地抑制、既存住宅移転促進などの対策を推進しようとするものです。

基礎調査とは・・・

渓流や斜面など、土砂災害により被害を受けるおそれのある箇所の地形、地質、土地利用状況についての調査で、土砂災害警戒区域や土砂災害特別警戒区域を把握するために実施します。

土砂災害警戒区域等とは

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)

急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域であり、危険の周知、警戒避難体制の整備を図る区域です。

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)

土砂災害警戒区域のうち、建築物に損壊が生じ、住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる区域で、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等の対策を行う区域です。

土砂災害ハザードマップ【地区別】

阿分地区

元阿分・彦部地区

信砂

朱文別地区

湯の沢地区

湯の沢・暑寒沢・山の神地区

中歌地区

市街地区

古茶内地区

小樽間内地区

谷地町地区

大別苅地区

岩老地区

雄冬地区